健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!

 糖尿病を予防・改善したい

<原因>

 糖尿病とは血糖値の高い状態が続く病気のことです。血糖値は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによってコントロールされていますが、このインスリンが減少したり、うまく機能しないと血糖値が高くなります。糖尿病は大きく分けて「T型糖尿病」と「U型糖尿病」があります。

 T型糖尿病は小児期に発症し、ウイルス感染などが原因でインスリンが欠乏している病態です。U型糖尿病は中高年に多いタイプです。インスリンは欠乏していないもののうまく機能しておらず、血糖値の調節がきちんと行えないので高血糖になる状態です。なお日本人の糖尿病患者のうちT型は数%程度で、現在問題になっているのはU型糖尿病です。

 U型糖尿病の原因は主に体質と生活習慣にあります。インスリンがうまく機能せず血糖値が上昇する原因には、遺伝的体質やカロリーの過剰摂取、運動不足、ストレスなどがあります。食生活では中性脂肪やコレステロール値が血糖値を上昇させる原因の1つといわれています。




<予防・改善方法>

 糖尿病の予防・改善には食生活を見直す必要があります。脂肪の多い肉類中心の食事を避け、炭水化物の摂り過ぎにも注意し、中性脂肪やコレステロール値の低下を心掛けましょう。キノコ類や野菜、海草などに多く含まれる食物繊維も血糖値の上昇を抑制します。

 サプリメントを補助的に用いる事も効果的です。食後の高血糖を改善するギムネマや桑の葉、マイタケなどが有効です。またアガリスク、オリーブリーフ、食物繊維、霊芝なども血糖値の上昇を抑えます。血糖値のほか、中性脂肪値を低下させるアロエ、悪玉コレステロールの酸化を予防するコエンザイムQ10、運動と併用する事で脂肪燃焼を促進するカルニチンもオススメです。

 また糖尿病は糖代謝のバランスのみならず、脂肪の代謝バランスも悪くなっているので、ビタミンB1、B2、C、Eなどを摂取し体内の代謝バランスを整えることも大切です。ビタミンCとEには抗酸化作用があり、合併症の予防にも効果があります。糖尿病性神経障害がある場合は、中性脂肪を低下させ善玉コレステロールを上昇させるγ-リノレン酸が効果的です。そのほか糖尿病に効果があるとされるサプリメントに以下のものがあります。


● ビタミンB1

● ビタミンB2

● ビタミンC

● ビタミンE

● 亜鉛


● カリウム


● カルニチン

● γ-リノレン酸

● アガリスク

● 明日葉



● アロエ

● ギムネマ

● グァバ

● 桑の葉

● 高麗人参

● コエンザイムQ10

● タウリン

● ノニ

● マイタケ

● 霊芝
 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved