健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!

 心臓病を予防したい

<原因>

 心臓は休みなく動き続けるためたくさんの酸素や栄養を必要としていますが、これを供給する血管に障害が起こり血流が妨げられて発症するのが狭心症や心筋梗塞で、心臓病の代表的なものです。

 狭心症は心臓の血管が細くなる事で血流が悪くなり、酸素不足の状態に陥り、心臓部に強烈な痛みが走ります。症状としては入浴などで痛みが生じて数分で治るものもあれば、安静時に発症して10分以上続く危険性の高いものもあります。

 心筋梗塞はさらに体への危険性が高まります。動脈硬化の影響で心臓付近の動脈の血管がつまり、血流の流れが著しく悪くなります。狭心症よりも痛みが激しく、発作時間が1時間以上に及ぶ事もあります。この場合は生死に関わるので速やかに病院に行く必要があります。




<予防・改善方法>

 狭心症や心筋梗塞の主な原因は動脈硬化により血管が細くなっている事にあります。よって血液中の中性脂肪やコレステロールを減らすよう食生活を心掛ける必要があります。動物性脂肪の摂取を控え、血中コレステロールや中性脂肪を減らす青魚を多く食べるようにしましょう。またコレステロールを除去する食物繊維やキノコ類もオススメです。

 生活習慣の改善と共に、サプリメントを併用すると効果的です。コレステロールを減らし血栓を予防するDHAやEPA、しそ油、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ赤ワインエキス、カルシウムが血管壁に付着するのを防ぐマグネシウムなどがオススメです。また血中のコレステロールが酸化すると血管壁に付着するため、これを防ぐためにも抗酸化力のあるビタミンA、C、Eなども積極的に補給しましょう。

 脂肪などの酸化を防ぐコエンザイムQ10や心臓付近の血管を拡張させる田七人参なども効果が期待できます。このほか心筋梗塞予防に効果があるとされるサプリメントに以下のものがあります。


● ビタミンA

● ビタミンC

● ビタミンE

● 赤ワインエキス

● ウコン


● 大麦若葉

● キチンキトサン

● クロム

● 桑の葉

● 高麗人参

● コエンザイムQ10



● しそ油

● 大豆イソフラボン

● タウリン


● 田七人参

● にんにく卵黄

● フコイダン

● 紅麹

● マグネシウム

● メチオニン

● DHA

● EPA
 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved