健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!
 肉をよく食べる

<原因>

 健康食として日本食が世界的に注目されていますがが、その一方で日本の食卓は欧米化が進んでいます。それに伴って肉料理をたべる機会が増え、野菜嫌いや野菜離れが若い世代を中心に多く見られるようになりました。

 肉類に含まれる動物性タンパク質には生命活動に必須なアミノ酸がバランスよく豊富に含まれているのですが、食べ過ぎることでコレステロールや中性脂肪が体内で過剰になり、かえって悪影響を及ぼしてしまうのです。これらが増加すると、肥満につながるほか、動脈硬化や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。




<予防・改善方法>

 このような悪影響を避けるためには、何よりも肉の食べ過ぎを控えることが大切です。普段の食生活を見直し、一日に食べる肉の量を減らし、野菜や魚を多く摂取するように心掛けましょう。また肉以外にも糖質や炭水化物、脂肪の摂りすぎはないかなど、中性脂肪を増やさないように日頃から気を配ることが大切です。ただし肉には人の体に必須なアミノ酸が含まれていますので、適量を心掛けて摂取しましょう。

 肉と併せて食物繊維を豊富に含む野菜などを食べると効果的です。食物繊維は腸内で無駄なコレステロールを吸着し、体外に排出する働きがあります。またコレステロールを減らす働きのある大豆タンパク質や、DHA・EPAを多く含む青魚も多く食べるようにしましょう。

 食生活の見直しと併せて軽い運動をすることも重要です。体内に摂取した脂肪は運動して燃焼しなければなりません。運動というと大変なイメージがありますが、息が上がるような激しいスポーツをする必要はなく、心拍数が上がる程度の軽いウォーキングでも問題ありませんので、まずは自分に無理のないあたりから始めてみましょう。

 併せて摂ると効果的なサプリメントとしては、タンパク質や脂質の代謝を促すビタミンB2、B6が効果的です。また体内の悪玉コレステロールを下げるビタミンE、紅麹、コレステロールの吸収を防ぐ食物繊維などもお勧めです。


● ビタミンB2

● ビタミンB6

● ビタミンE



● 紅麹

● 食物繊維

● DHA

● EPA


 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved