健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!
 眼精疲労・ドライアイがひどい

<原因>

 眼を酷使すると視神経や眼球を支える筋肉が疲れ、目がかすんだり、二重に見えるなどの症状が現れます。ひどい場合だと頭痛や肩こりを引き起こす場合もあります。

 疲れ眼には2種類あり、眼を休める事で回復する「眼疲労」と、休息をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残る「眼精疲労」があります。一般的に「眼が疲れた」と感じる場合は前者の方で、後者はより重い症状を指しています。そして最近疲れ眼として注目されているのが「ドライアイ」です。

 ドライアイはその名の通り眼が乾く事で、眼の表面を覆っている涙液の量が減り、角膜が部分的に露出してしまうことで眼がダメージを受けてしまう状態です。通常涙液は眼の乾燥を防ぎ、角膜への栄養補給、角膜や結膜についた汚れや細菌の除去を行います。しかし眼が乾いた状態が続く事でこれらの機能がうまく働かず、目の充血やゴロゴロ感、不快感、痛みなどの症状が現れます。

 主な原因としては、パソコンやゲームなどの長時間使用によるまばたきの減少、コンタクトレンズの長時間使用、エアコンなど乾燥した中での仕事などによる生活などが挙げられます。




<予防・改善方法>

 ドライアイを防ぐためには、まず眼の乾燥を防ぐ必要があります。眼が乾燥する前に目薬を使用し、涙の量を補うようにしましょう。この際なるべく防腐剤の入っていないものを選び、網膜機能を維持するビタミンA配合の目薬を選ぶとよいでしょう。またコンタクトレンズの長時間使用は控えましょう。ドライアイがひどい場合はコンタクトの使用を一旦止めて、メガネで様子をみることも大切です。

 眼の疲れ、眼精疲労に効果的なサプリメントとしては、「目のビタミン」とも呼ばれるビタミンAや神経細胞の働きを促すビタミンB群、眼球の水晶体の酸化を防ぐビタミンCがオススメです。ブルーベリーに含まれる色素には眼の疲れやちらつき、視野が狭くなるなどの症状を改善し視力低下にも効果を発揮します。

 また、肝機能を改善して目の機能を回復させるメグスリノキも効果が期待できます。ドライアイには症状を緩和するDHA・EPAなどもオススメです。そのほか眼精疲労に効果があるとされる健康食品に以下のものがあります。


● ビタミンA

● ビタミンB1

● ビタミンB2

● ビタミンC


● スルピリナ

● ブルーベリー

● メグスリノキ

● DHA・EPA
 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved