健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!
 骨粗しょう症を予防したい

<原因>

 骨は常に生まれ変わっています。古い骨はカルシウムが流出し、カルシウムで新しい骨が再生しているのです。ところが骨の代謝バランスが悪くなり骨からカルシウムが失われ続けると、骨がスカスカになってもろくなります。この状態を骨粗しょう症といいます。現在全国で1000万人が骨粗しょう症であるといわれ、なかでも更年期以降の40代以上の女性に増えています。65歳では2人に1人、80代の女性では7割にものぼります。

 食事で摂取したカルシウムは、まず骨に蓄えられます。またカルシウムは全身の細胞を正常に働かせるミネラルでもあり、血液中にはいつも一定量のカルシウムが含まれています。ただし体の細胞にカルシウムを与え血液中のカルシウムが少なくなると、骨から溶け出してしまうのです。

 更年期以降の女性に骨粗しょう症が多い理由は、ホルモンバランスに関係しています。更年期以降、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。エストロゲンには骨からカルシウムが流出するのを防ぐ働きがありますが、エストロゲンの減少と共に骨からカルシウムが失われやすくなります。

 最近ではカルシウム不足で骨が弱くなった若者が骨粗しょう症を発症する可能性も少なくありません。これは偏った食生活によるカルシウム不足やダイエット、運動不足などが原因と考えられています。自己流の極端なダイエットは卵巣機能を低下させ、エストロゲンの減少から骨を弱める結果を招きます。また運動不足も骨にカルシウムが沈着しにくくなり、骨が弱っていきます。




<予防・改善方法>

 カルシウムを含む食品で最も体内への吸収率が高いものが牛乳や乳製品です。ただしこれらでも体内に入ると全体の半分くらいしか吸収されません。カルシウムの吸収率を高めるにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが必要になります。

 ビタミンDは日常生活で日光に当たる事で生成されます。また体内のカルシウムバランスを整えるマグネシウムを含む食品も一緒に摂るとよいでしょう。

 カルシウムを食事だけから摂ることはなかなか難しく、サプリメントを併用すると効果的です。骨を形成するビタミンKやカルシウムの吸収代謝を助けるビタミンD、骨を丈夫にするコラーゲンなどは必要不可欠です。また女性ホルモンのように働く大豆イソフラボンは閉経後の女性に最適です。


● ビタミンD

● ビタミンK

● カルシウム

● マグネシウム


● コラーゲン

● 大豆イソフラボン

● アセロラ

● 桑の葉

● リジン

 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved