健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!
 胃潰瘍を予防したい

<原因>

 胃潰瘍は簡単にいうと胃の粘膜が傷つく病気です。胃は消化するために食物を溶かす胃液と、胃の粘膜を胃液から守る成分などで構成されています。これらがバランスよく働いている場合は問題ないのですが、胃酸の力が強すぎたり、粘膜を守っている成分の力が弱まることで胃の粘膜が傷つけられると、胃潰瘍が発症してしまうのです。

 症状としては、空腹時や食後すぐ、または食後1〜3時間後くらいに、みぞおちの辺りがシクシクと傷んだり胸焼けをして、酸っぱいゲップなどが出ます。さらに食欲不振に陥ったり、嘔吐やむかつきが生じることもあるのです。胃壁の血管に傷がつくと吐血や下血も見られます。

 胃潰瘍の原因として最近では主にピロリ菌の仕業とされています。ピロリ菌の感染理由ははっきりしていませんが、強酸の胃の中でも溶けずに生存する強い菌です。このピロリ菌が出す毒素によって胃の粘膜が刺激され、炎症を起こして潰瘍をつくるといわれています。

 胃潰瘍のもう一つの」原因にストレスがあります。ストレスがたまると胃液が出すぎたり、胃粘膜の表面の血管が収縮し、血液の流れが悪い部分ができるのです。そうすると胃の粘膜が攻撃されやすくなり胃潰瘍を引き起こすのです。




<予防・改善方法>

 ピロリ菌を殺菌するにはココアが効果的とされています。ココアに含まれるカカオFFAという成分がピロリ菌の細胞膜に侵入し、ダメージを与えるのです。

 また胃潰瘍の予防としては、まずストレスを緩和することです。心配性だったり小さいことを悩み続ける人はストレスをため込みやすいので、自分なりのストレス発散法を見つける必要があります。また食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎ、喫煙など、胃に負担をかけることは避けるようにしましょう。

 効果的なサプリメントとしては、胃粘膜の保護作用や消化性潰瘍を予防する効果をもつアロエベラがおススメです。


● アロエベラ




● ココア
 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved