健康食品・サプリメント
身近なサプリ発見サイト
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ハーブの情報が満載!
 不妊症を改善したい

<原因>

 不妊症とは一定期間避妊をしないで夫婦生活(性生活)を持っているにも関わらず妊娠しない状態をいいます。日本ではその期間を2年としています。これは避妊しない夫婦の90%以上が2年以内に妊娠するというデータに基づいたものです。しかしアメリカでは1年以上妊娠しなければ不妊症と診断されます。最近日本でも“1年間妊娠しなければ不妊として対処するべき”という考え方が一般的です。

 不妊症の原因は1つとは限らず、様々な原因によって起こる"妊娠しにくい状態"です。昔から妊娠しないと女性に責任があると押し付けられてきた風潮がありましたが、原因は女性側、男性側それぞれ半々とされています。

 女性側の問題としては、うまく排卵されない(排卵障害)、卵管の通りが悪い(卵管障害)、卵子をうまく卵管内にとり込めない(卵管障害)、子宮内膜が着床しにくい状態(子宮因子)、子宮頚管粘液の出や質が悪い(頚管因子)などの不調が考えられます。35歳を過ぎると卵巣機能が低下する事から、晩婚化も原因の1つと考えられます。
 男性側の原因としては、精子の数や動きがよくない精液の不良がおもな原因になっています。また男女共通の問題として、ストレスがたまったり不規則な生活、喫煙などは不妊症を招きやすいとされています。




<予防・改善方法>

 不妊症と診断されたら、まずはその原因をつきとめることが大切です。また妊娠しやすい環境や生活、体作りを心掛けましょう。できるだけストレスをためない、規則的な生活を意識する、冷えを回避する、禁煙に努めるなどの努力が必要です。

 食生活では、卵巣の機能を維持したり精子の数を増やすビタミンEを多く含むアーモンドやカボチャなどを積極的に食べるようにしましょう。また生殖機能維持に役立つビタミンAを多く含む鶏肉や豚レバーなども効果的です。

 不妊症に効果的なサプリメントとして亜鉛とマカがあります。亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれ性ホルモンの分泌に関わっている事から、性腺の正常な発育に効果を発揮します。ただし単品でたくさんの量を摂取すると過剰症につながるので、摂り過ぎには注意が必要です。マカにはホルモンバランスに働きかける成分が含まれており、「天然のバイアグラ」とも呼ばれています。特に男性側に原因のある不妊症には効果的といわれています。


● ビタミンA

● ビタミンE

● マカ

● 亜鉛


 当サイトの記載内容は様々な文献を基にしておりますが、サプリメントの購入・使用に際しては自己責任でお願い致します。
Copyright(c)2005.サプリのチカラ All rights reserved